ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … なっつのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取&島根の旅後半。

なっつです


怪しげに終わった前回の記事。
一体、何が起こったのかって?

そりゃアナタ、シマ夫婦を恐怖に陥れる1本の電話が鳴ったのよぉ(/TДT)/あうぅ・・・・

ワンコーズを預けている保育園から・・・

コウタくん、発作です

・・・と 

旅行中、保育園からの電話にドキドキしていたなっつとシマ。
とうとうかかって来てしまった

でもコウタの発作は決して珍しいことではないし、
意識レベルも低下してないし、後脚のマヒが見られるもののコレも毎度のことなんで
とりあえず座薬無しでケージレストで様子を診てもらうことに。

でもさ、一気に下がったテンション。
そこからは何を見ても何をしても心から楽しめることもできず・・・_(._.)_
写真もほとんど無し。

とりあえず松江の町へ向かい、街中を少し散策することに。
松江の「からころ工房」という体験工房を覗いていたところ、シマが売店で何かを購入。
そして施設の中心にある噴水のところへ。
シマが握り締めてたのは2つの緑の石。
健康をもたらすと言われる「めのう」
その1つを噴水の泉の中へ。

祈りを込めて1つを投げ込むと願いが叶うと言われてるらしい。

もう1つは大事に持っておけばいいらしい。

無神論者のシマ。
まったくそういった迷信めいたモノは信じないヤツが。
超珍しいこと。

でもせっかく来たんだからさ
楽しまなきゃね。
って事で、二人でかなりムリしながらも楽しげに(?)作ったモノ。
ブレスレット。
左がシマので、右がなっつの。
111002149.jpg

シマのは売店にあったプロの作品に勾玉を追加してもらったの。
111002153.jpg

なっつのはサイズ測って石を選びから作ったの。
111002158.jpg

プロの作品は石の色がバラバラでありながら、しっくりしていて
バランスがとってもいい。
なっつのは悩みに悩んで選んだ石を順序良く並べたのに、なんか出来上がりが面白くない(-"-)

でもよく見るとプロの作品の、ちゃんとシンメトリーになってるの!
なっつには決して選べないし並べられないセンスだな~(*´ο`*)=3 はふぅん


・・・・その後、再度保育園に電話してコウタの様子を確認すると
「もう普通ですよ(^-^)」とのこと。

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

「石(めのう)の効果があったんだね!」と二人で大喜び。

このときはまだ、その後訪れる更なるアクシデントを知る由もなく・・・




コウタの発作。

まだよかった。


そんな風に思えてしまうほどの出来事・・・(T_T)

何が起きたのか?

また次回へ・・・


にほんブログ村 犬ブログへ

初めての鳥取&島根の旅

なっつです

9月28日(水)から3泊4日で人生初の鳥取&島根の旅をしてきましてん。
まーどえらい遠かったね。
結局往復約1800キロ走行

なっつは助手席担当だったけどさ

初日、ワンコたちは保育園に預け(お泊り保育ってやつ)、ネココの笑吉は隣の義母に面倒を頼み。
いざ出発。

AM9時頃名古屋インターに乗り、最初の目的地「大山」へ。
「大山」って「オオヤマ」じゃないに。
「ダイセン」って読むの

・・・え?知っとった?(^_^;)

それがコレ。
111002036.jpg

なかなかの岩山だった。

え?それだけ?(-_-)

初日は米子で宿泊。
なにせシマ家、超貧乏じゃん。
だからねー、宿泊はビジネスホテル。
でもね、でもね、
1泊2日2食付き、温泉付きのダブルで大きなソファー付きの結構広い部屋。
それがナント7980円ですのよ、奥さん!!
もちろん2人で。

ほんで次の日。
この日は快晴ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
ホントはこの日は出雲大社に行く予定だったんだけど、次の日が雨って事だったんで行き先変更。
絶対晴れた日に行きたい「鳥取砂丘」へ

砂丘に向かう途中、海が見えたんでちょっと休憩。

酔拳でリフレッシュ。
111002040.jpg


そして砂丘。
鳥取砂丘。
まー、天気のいいことと言ったら!!
どんだけ良かったかっつーとぉ・・・・

111002049.jpg


テンションあがるねーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
111002053.jpg

んでもって、砂丘をえっちらほっちら二人で登りましてん。
炎天下の中。

111002056.jpg

登りきるとぉ~

そこは~・・・・



うみー!! 
111002061.jpg




VIVA!日本海
111002082.jpg

ちゅーことで、砂丘を堪能したなっつとシマ。


砂丘の美しさに心打たれ、テンションあげあげ状態で車に乗り込み
島根に向かった。
宍道湖を抜けて向かった先は
フォーゲルパーク
なっつの大好きな鳥が放し飼い状態のステキ施設。
テンション更にアップ!!

と思われたのだが
ココでアクシデント発生!!

午前中のぴーかんとうって代わって雨になったから?

いやいや
そんなんならまだ良かった・・・


何が起きたかたって?

それは・・・



次回!


にほんブログ村 犬ブログへ




スリリングな朝

なっつです


まー、どんだけ更新サボっとるの
・・・ってな声が聞こえてくるよーな。聞こえないよーな。

とりあえず、シマ家ファミリーみんな元気です



・・・で、今朝も日課の早朝散歩に出かけたワケなんだけどー。
あ、ちなみにこなつママだけはお留守番ね
相変わらず散歩嫌いなんですもの(-"-)

シマ君とコウタ、真央っち、すず を連れていつもの散歩コースを歩いてたの

で、とあるマンションの角を曲がったところで
ネココに遭遇。

まあよくあること。

お散歩中にネココに遭遇するとさ、
まずほとんどのネココって「君子危うきに近寄らず」ばりにそろそろっと逃げてくよね。
もしくは「我関せず」状態で知らん顔とか。
ネココって、よく知ってるもんでさー
散歩中のワンコが「リード」というもので拘束(?)されてるのをわかってやがる。
ネココを見つけて大興奮のワンコーズが近くにいても
「どーせ届かないもんねー
って顔して去って行く。


・・・のが普通じゃない?

でも今日遭遇したネココは一味違った。

角を曲がって遭遇したネココ。
すぐに臨戦態勢に入るワンコーズ。
こういった状況下では、ネココがそそくさと逃げるのが常だ。
なっつもシマも当然そーなると思ってた。

のに。


ネココとの距離およそ5メートル。
一瞬見つめあうネココとシマ家ワンコーズ
間髪いれず大興奮状態に陥るシマ家アホンダラーズ。
それを見たネココ、いきなり山になる。
シッポをぼーぼーにし、ぴんぴんに立てながら
山と化した己の体を見せつけんばかりに右に左に蛇行しながら近寄ってくるではないか!
ナント、ネココも臨戦態勢に入ったのである

その気迫たるものや
「おめーらなんかにゃ、負けへんで~凸(`△´#)」
ばりなのである。

そんな気迫十分の山が
4メートル・・・
3メートル・・・
近づいてくる

2メートル近くになった時、
ネココ、悪魔のような顔で
「フシャーっっ!!」

や、やばい。
マジでやばいΣ(゚д゚;)

ネココはマジ喧嘩になったら、とてもワンコには太刀打ちできない。

ネココのマジ喧嘩の仲裁でなっつは何度流血したことだろう・・・(T_T)

ヤツラはいざとなったら空を飛ぶ。
知ってた?
空飛ぶのよ、ネココって。

両手両足、牙、爪。
武器となるあらゆるものを駆使して空を飛んで襲ってくる。

それを身をもって知ってるなっつとシマ。

とりあえず危険を感じたなっつはすぐさま連れていた真央っちを抱き上げる。

でも真央っちは連れていた3つのうち、一番大人しいコ。
残り2つが問題児である。

ネココの本当の恐ろしさを知らない2つ(コウタ&すず)はネココの挑発にノリノリである(-"-)

大興奮した2つを抱きかかえるのは至難の業。
そこでシマ、2つを守るために取った行動は・・・


「てーーーーい!!(▼皿▼メ)ノ」


早朝(朝5時)近所に響き渡る怒声で・・・(-"-;)

が、しかし功を奏したのか
ネココ、ちょっと怯んで遠ざかる。

この隙にそそくさと逃げたなっつとシマ。
もう安心・・・
そう思い、振り返ると

ついてくるしー!!(; ゚ ロ゚)

しかも山になったままである。

さすがに逃げたね
同じく臨戦態勢のままの2つ を引きずりながら。

姿が見えなくなって本当に安全になってから
「いや~、怖いネココだったね~!アレは絶対去勢してないコだよねー」
なんて話してたんだけど。

いやまて
アレは三毛猫だった・・・

雌じゃん!
(しかも首輪してたから飼いネコと思われる。おそらく傷だらけであろう飼い主様に合掌・・・

やっぱどこの世界でも雌は強いらしい。
・・・にしても。
あれほどアグレッシブなネココにはなっつも会ったことがない。


なかなかスリリングな朝であった。

にほんブログ村 犬ブログへ


腹が立ったもんで・・・つい

なっつです


なっつ、他の人のブログにケチをつけるようなコメは今まで入れたことないです。

だって。

なっつ、もともとノミの心臓。
しかも、最も苦手とするのがディベートなんですもの。

でもさ。

あまりにも腹が立つ記事がありましてん。

大型犬の繁殖経験のある、多頭飼育してるっていうブログでしてね。

んで、ある日の記事でこーいうのがありました。

内容を細かに書くと特定されてしまう可能性も無きにしも非ずなのでかいつまんで説明するとね、

大型犬のコが産まれました。
その授乳期の子犬が不慮の事故で頭にケガを負いました。
獣医に連れて行きました。
獣医は後遺症が出るかどうかはわからない、鎮痛剤で様子を見ましょう・・・と。

・・・で。

どーしたと思います?

その人。

「もし脳障害が出たら制御できない」

と、「究極の選択」をされたそうです。

安楽死。





・・・・はぁ!?Σ(▼□▼メ)




さすがにね。
なっつ、繁殖をしたことのある人間として
だまっとれんかったわさ。

だってその方、
そんな「究極の選択」をしていながら、
「世の中の悪質繁殖業者を減らすには・・・」的な事をぬかしておる。

なっつね、
ココナッツたちが産まれたとき、
いや、産まれる前から。
産まれてくる命にはすべての責任を持とうと決めていた。
新しい家族が決まって、この家を出る瞬間まで。必ず・・・と。
それが繁殖をするにあたっての最低限の心構えだと思っているし。

残念なことに、コウタは頭に障害もって産まれてきてしまったけど、
淘汰することなど、微塵も考えなかった。
なっつとシマの頭ん中には「このコを生かすこと」しかなかった。

そのお方はなっつの怒りのコメントに対して
「自分自身の今後の健康や、何かあった時のことを考えての仕方のない決断」
とおっしゃっていたが。

もうなっつ、何を言っても無駄だと悟った。

今後の健康?
先の事なんて誰もわからんがね。
しかも今現在大型犬を十数頭も飼ってらっしゃるがね。
何かあるって何?
その方はしきりに「大型犬であるがゆえ、攻撃性が高くなり、制御不能になったら結局最後は同じ」
的な事をおっしゃってましたけどね。

攻撃性が高くなるかどうかなんてわからんがね。

安楽死させる直前までケガ以外はどこにも異常なく、
とにかく痛くて泣いてる授乳期の子犬。
腕の中に抱かれる暖かい命を・・・(泣)



そして更になっつをヒートアップさせたのがね、
同様な事が起こった仲間の繁殖仲間に、「良き繁殖者は、そういう決断をすべきときもある」と
進言していたこと。

悪質繁殖業者の繁殖かよ。




・・・おっと。失礼。
でもね、本当に怒りを通り越して悲しくなった。


コウタは脳に障害があるけど、
決して攻撃性のあるコではない。
そして障害があってもこのコを育てて本当によかったと
心から思っている。

脳障害=攻撃性の可能性ってきっとそんなに高くない。
そんなこと、きっとわかってるはず。
ハッキリ「お金にならないから」って言えばいいのに。




・・・と。
珍しく熱くなった週末のなっつなのであった。


あ、今週末あたりに小麦ベビーが産まれる予定でっす(*^^)v
ココナッツのコだからコココナッツ?


にほんブログ村 犬ブログへ


何も言えなくてごめんなさい

なっつです

ご無沙汰です。
なっつんちは名古屋なので、地震の被害はなく皆元気です。

でも、連日テレビで放送される被害状況を見ると
ブログどころか、友人知人から来たメールも返信できないくらい気分が落ちてしまってます。

もともと閲覧数も少ないなっつのブログですが
それでもブログを通して気の効いた励ましのメッセージを書くべきかと悩んでいたんですが、
「頑張って」
「明るい未来は来る」
「みんな応援してる」
・・・なんて言葉は、なっつには書けない

地震の影響もなく、
スーパーにもまだモノがあり、
毎日お風呂にも入ることができ、
家族やワンコーズ、ネココーズも元気にしてる

そんな当たり前の幸せな日々をのほほんと暮らしてながら
電気の点く暖かい部屋の中で被災者に向けて言える言葉などあるのか・・と

本当にごめんなさい。
苦しい生活を強いられる中で、こんな幸せをごめんなさい。
何もできなくてごめんなさい。
言葉もかけられなくてごめんなさい。

私にできること・・・
わずかな募金くらい

あと節電・・・でも節電って微妙ですよね。
なっつは名古屋人なので中部電力。
被災地は東京電力。
互いに周波数が違うため、送電できるのは僅かなので送電により一般家庭の電気に影響がでることはないらしい。
聞いた話によると、逆に電気使用量が極端に落ちると経済が下降してしまい、今後の復興に影響がでるかもしれないという。
それでも節電することは悪いことじゃないよね。
極力一人の時は電気と暖房を消して過ごしてます。

それとなっつが気になって仕方ないのはやっぱり
小さな家族たちのこと。
家族と離れ離れになってしまったワンコやネココたち・・・
どれだけのコたちが生き残ってくれるだろうか

動物愛護協会の講習会とか行くとネ、言われるの。
動物レスキューに関してはどうしても後手になるって。
もちろん「人命優先」だから。
でもね、コンビニに「迷子」の張り紙すら貼ることも困難なんですって。
まだ行方不明の人がいるのに犬や猫の行方不明の張り紙などもってのほかだって。

当然だよね。
「人命優先」だもん。

でもね、
救助現場でその人命を救うために、危険を冒して探してくれるワンコがいる
報酬はご主人からの「イイコだね」その一言をもらうだけで
たったそれだけで私たちの仲間を必死に探してくれている
だからどうか、彼らの仲間も助けてあげてほしい

大切な家族を亡くしてしまった方、不謹慎に聞こえたらごめんなさい
遠く離れた名古屋で何もできずにいるくせに偉そうな事をごめんなさい

でも・・・
ワンコもネココも傷つけば私たち人間と同じように痛いの
赤い血が流れるの
寒くて、お腹も空くの
寂しくて、怖いの・・・

ただ違うのは
どんなに痛くても
どんなに寒くても
どんなにお腹が空いても
どんなに怖くても
涙を流すことができない

「助けて」って言えないの

ただひたすら苦しみと痛みと孤独に耐え、飼い主さんが来てくれるのを信じて待ち続け、
物言わぬ天使たちは命の灯を消していく


なっつね、今どうしようか悩んでる。
被災したワンコの一時預かりのボランティアをしようかどうか・・・
簡単には決断できない。
大切な「命」を預かるわけだから。
それに、シマ家のライフスタイルや先住ワンコに合わせてもらわないといけないって事もあるし
正直、経済的に余裕は全然ない
病気のコを抱えてるし・・・
名古屋にも近いうちに必ず来ると言われている東南海地震の不安もある

それでも、大切な家族の一員を預かることで被災者の役に立てるのかもしれないと・・・

まだわからないけど・・・
とりあえず僅かな募金と少しの節電をしながら慎重に考えたいと思ってます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。