ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … がんばれコウタ!BLOGTOP » コウタの病気 » TITLE … がんばれコウタ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれコウタ!

なっつですごめんなさい。

先週木曜日に久しぶりに痙攣の発作を起こしたコウタ。
そして翌日の金曜日も続けざまに3回も発作。
土曜日はパピーのマナー教室が終わってから病院へ。

08120827.jpg
発作中のコウタ君。
こなつママが添い寝してくれてます泣

病院へはデジカメを持参した。
実際に発作中のコウタをデジカメのビデオで撮影した画像を見てもらった。
意識が飛んでない、強い痙攣ではないけれどあまり続くようならやっぱり危険・・・

原因を調べるべく、血液検査をしてもらった。

結果は・・・・・

「異常なし」



絵文字名を入力してください



「異常なし」・・・・コレが意味するところは「脳」から来てる可能性が大ということ。

先生が「専門病院を紹介してもいいんですが・・・・何せまだ2か月弱の子犬だからネ。検査はCTで全身麻酔になります。2か月の子犬(しかも丈夫ではないコ)に全身麻酔のリスクは高いですよ汗; どうしますか?」って言われた。

もしもコウタの病気の原因が「脳」にあるのであれば、治る確率はとても低い。
なっつとしては、これ以上痛い思いや怖い思いをさせたくない。

シマ君も同じ気持ちだった。

とりあえず、専門病院での検査は見送ることにした。


そして昨日、午後4時ころに久しぶりにコロン君(旧名:亘輝)が里帰りに来てくれることになった絵文字名を入力してください
でも、コウタは結局一緒に遊べなかったの涙

午後3時40分くらいからまた発作が・・・・
「くーんくーん」と泣き始めたと思ったら、後ずさりをしだした。

・・・・始まった涙

足を突っ張るとか、ひどい痙攣ではないけれど、後脚の麻痺。
立つことができない。
眼はうつろで見えてるのか見えてないのかわからない。
頭が左右に大きく揺れる。

お隣から元ココナッツのユキちゃんとチャコちゃんも遊びに来て、久しぶりにココナッツ再結成だったけど、コウタだけベッドの中。
一緒に遊びたかっただろうにあばばばばばばば・・・・・



昨日の発作は結局、寝るまで続いて今朝ようやく落ち着いたところ。
08120828.jpg

食べたものは吐いてしまうし、ぐったりして、ホントに昨日はこのまま死んでしまうんじゃないかと心配した。
回復すると、そんな状態だったなんて信じられないくらい普通になるんだけど・・・
でも、先生もそれが特徴なんですって言ってたな。

頑張って、コウタ。
これからもずっと一緒だよ。
次の日曜日には小麦がココナッツを卒業してしまうけど、コウタはずっとシマ家のコだからね。
明るく楽しく過ごそうぜっ!

08120807.jpg


にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。