ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … パピーダッシュBLOGTOP » シマ家のワンコ » TITLE … パピーダッシュ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピーダッシュ

なっつです


今日はコウタネタ。

いや、ネタはぎょーさんあるんだけどね。

真央っちとの出会いネタとか、先日我が家で開催された親バカの集いとか。

でも今日は敢えて(?)コウタネタ。


以前から思っとった。
コウタっていつまで経っても子犬っぽい。

ちなみにすずのキャッチフレーズは
「永遠の子供」
なんだけどね。


すず ってばさ、もう5歳だってのに

落ち着きがない

っつーの?

いつもスキップしてるカンジ?
幼児が母親にまとわりつく・・・そんなカンジなワケ。

でも、コウタの場合ちと違う。

子犬っぽい のである。


ブリーディング経験のあるヒト、もしくは子犬を飼ったことがあるヒトならわかると思うが、
コウタはたま~にだけどいまだに

パピーダッシュ をする。

「パピーダッシュ」・・・
ウィキペディアで調べても載ってないでね
何故なら なっつ語 だから

生後1~4か月くらいまでの子犬によく見られる行動でさ、
例えば
「オイデ~」
なんて呼んだりすると何をしてても走ってきたりするじゃん。
そん時の子犬のスタートダッシュって独特のものがある。

まだカラダが「走る」行動の準備をしてないのに足が勝手に走ってしまうカンジ?
だから頭部があとから付いてくるような動きになってしまう。

富士急ハイランドにある「ドドンパ」 (←ジェットコースターね。)
アレ、乗ったことある?
わずか2秒足らずで時速170キロを超えてまうという恐ろしいほどの加速のヤツ。
ちなみになっつはアレに乗ったとき
「魂を置いてかれた」感に浸ったけどね。

まあ、「魂を置いてく」程の加速はパピーにはないんだけど
まさにイメージとしてはそんなカンジ。

パピー同士で仲良く激しく遊んでたりする時に呼ぼうもんなら
すべてがそのパピーダッシュで走ってくる。

まだ顔は隣のパピーの方を向いてるよね・・・みたいな。
だいたいが口をあけて笑ってるような表情で。
しかも頭が大きいせいか、バランスが悪い上にパピーダッシュするもんだから
頭ゆらゆらしながら走ってくるしー



・・・・的な走りをするワケなんですよ。
コウタは。
2歳になったってのに。


パピーダッシュ・・・・
子犬時期に見られる独特の走法。
なっつの勝手な推測(あんど命名)だけど
きっと
きっと
ワンコに刷り込まれたDNAなんだろーなw

呼ばれたら行かなくてはいけない
何故ならボクちんは、きっとこの人が大好きになるから
そしてこの人もボクちんを大好きになるに違いないから


そんな意識が遺伝子の中にしっかり根付いているからだろう

勝手にそんな妄想を繰り広げ
今日もコウタを抱きしめるなっつなのでした~

9-100806031.jpg



にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。