ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … メジロからハトの思い出へBLOGTOP » なっつのつぶやき » TITLE … メジロからハトの思い出へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジロからハトの思い出へ

なっつですごめんなさい。

今朝、2階の掃除をしようとカーテンを開けたところ・・・
シマ家のせっまい中庭のほとんどを占有しているシマトネリコの木にメジロが来てました~キャハ
しかも5,6匹の群れでうそっっ!!

「メジロかぁ・・・カワイイなぁ」
なんて思いながら掃除機を抱きしめ、なっつは遠い昔の幼少の頃を思い出していたむふw

なっつは幼少の頃からとにかく生き物が大好きでウィッシュ
でもその頃住んでたいたのはウサギ小屋と揶揄するのもウサギ小屋に失礼なほど狭いボロアパートで。
もちろん犬や猫は禁止だめ
なっつはそんなせっまいアパートでワンコネココ飼えなくても楽しい事があった。
それはベランダでの野鳥捕獲大作戦頑張るぞ。おーっ。

大袈裟に言う割には超スタンダードだけど・・・
まあ、何せ小学生の子供の時分だしー。
ザルを割りばしで立てて、割りばしに紐をつけて物陰に隠れてザルの下に獲物が来たら紐を引っ張って捕獲するベーシックなワナ。
狙いはスズメエグい顔
(アパートのベランダにはスズメかハトくらいしか来ん)

当然、何度トライしても逃げられるわけーごにょごにょ
ザルが覆いかぶさるより一瞬先にスズメが逃げるんだわー。
でもー、ヒマななっつは何日も何時間もワナを仕掛けてはスズメを待つわけー。
そーすると、たまーにハトが来たりするんだよねー
なっつはハトの捕獲でも全然かまわない。
いや、むしろスズメよりデカいハトの方が歓迎揺れハートな感じでー。
しかし、ハトのサイズではよほどザルの中に入ってもらわなければあのテのワナでは無理であって。
それでも奇跡を信じ、ワナを仕掛け続けるなっつ。

そもそもハトには憧れがあったsmile
それはハトの首周りの虹色部分。
あそこがどうしてあんなにきれいなグラデーションになっているのか、どーしてもこの目で見て確かめたかったなっつ。
だからターゲットはキジバトではなく、あくまでもドバト。
キジバトはなんか地味だしー、やせ気味だしー、なっつ的にはあんまり興味なくってー。

で、ある時またワナのところにスズメではなくハトがやってきたのねー。
「おっ!!チャンス到来do
なっつは息をひそめてハトがザルに入るのを今か今かと待ってたワケ内緒

今度こそ・・・
今度こそ・・・
今度こそ・・・


  


なっつが紐を引っ張ろうとしたその瞬間!!
ハトは自分でザルに触れてしまい、驚いたハトは紐に足をとられつつも飛び立ってしまった・・・ダッシュ

あ~あ・・・今回もダメかぁ・・・

って思うでしょ、普通。
違うんだなー腟究
なっつ、今のを見てひらめいちゃったんだよねー


ワナのグレードアップを。

それはまさにワナの神様が降臨した瞬間でもあり、なっつは取り憑かれたかのようにワナ作りに没頭し始めたグキャキャキャ

作り方は以下のとおり。
ベランダの手すりの反対側(家側)にイスを置き、ナイロン糸をベランダの手すりの支柱とイスの脚に交互にランダムにからませる。
(なっつんちにはかーちゃんの内職用ミシンで使うナイロンの糸がたくさんあった。・・・せっまいボロアパートと内職ミシン・・・昭和の貧乏アイテムである)
その際、糸をピンと張るのではなく、ゆるゆるにしてからませるのがポイント。
そして弛んだ糸の上から餌を撒く。

・・・以上である。

至ってシンプル。
しかし、効果はてき面であった。

上記のワナを仕掛けた後、なっつは家の中で息をひそめてヤツを待った。
するとやってきた。
しかも憧れのドバトが

弛んだ紐に警戒心ゼロのドバトは物陰からなっつが目を光らせてることも知らず餌をついばんでる・・・

いよいよその時がやってきた!!

なっつは勢いよく物陰から飛び出し

わっ!!


ドバトを脅かしたおてて

何の警戒心もなく、平和に餌をついばんでいたドバト・・・
いきなり目の前に現れたニンゲンの子供に「わっ!!」とやられ、平常心でいられるワケがない。
「とにかくこの場から去らなければ!」
そんなドバトが足許に気をつけるかはてな

ひっひっひっ- -

なっつ、憧れのドバト、ゲットであるhuu

見事にドバトの足に絡まったナイロンの糸。
慌てて飛び立とうとなければ難を逃れたかもしれないけども、ドバトにそんな余裕はない。
哀れなドバトは気づいたらなっつの腕の中アイコン名を入力してください

なっつは早速ドバトの首を見た。
・・・緻密である。
羽の1枚1枚がグラデーションになっているのではなく、羽のふちの色が1枚ずつ違う色になっており、それらが重なって見事なグラデーションを作っているのだs

ほぉぅ・・・・スゴイsmile

存分に堪能したなっつは、リリースする前にかーちゃんとこに持ってった。
するとかーちゃん、爆笑しながら
「アンタ、いつか捕まえると思っとったわーにっこり
だって。

そして最近、シマ君が大学生の時に調査でハトを捕まえなくてはいけなくてすごく苦労した話を聞いた。
なっつに言ってくれれば簡単にゲットする方法を教えたったのに。
大学生が翻弄するハトの捕獲。小学生のなっつはいとも簡単にやってのけたのであるにやり
私って天才~にこっ



・・・ところで、野鳥の捕獲は法律で禁止されてるらしいですから。
くれぐれもマネしんように
・・・って誰もしんわなー。

あ、なっつの場合はもう30年以上も昔の話。
とっくに時効だしー。
シマ君はちゃんと許可をもらっての事ですので。
あしからず。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ぎゃははは

私が小学生のとき
友人の父ちゃん@酒飲みが
ハトの捕まえ方をこんこんと説明してくれたことがありあります。

「一晩,コメを日本酒につけてな。庭にまくんだ。
 食べたハトは酔っぱらって,これがホントの千鳥足ー。素手でつかまえられるぜー」

遊びに来た娘の友達に,嬉しそうに(笑)
それを真剣に聞いて,いまだに覚えてる私も私だが。

いまだにやってみたいと思っている,もあでしたー。

to もあさん

(爆)やってみたい~v-363
なっつもそんな捕獲方法を聞いたら忘れられないっv-344
超ステキな友人の父ちゃんですねv-344
マジでやってみたい・・・・v-356
そしてなっつは今度はそれをカラスで試してみたい・・・
でも・・・
でも・・・
違法だしv-356
アラフォーだしv-356
ご近所の目があるしv-356

(泣)諦めるけどさっv-406

by なっつ

hiなっつさん

いやー、なんとなく知っていたけど
こういう才能あるよねー、なっつさん
おしいなー、前職では活かせるときがなかったよーなi-235

きっと、楽しい小学生生活を送っていたんでしょうね
今でも楽しそうですけどねi-236

週末は、里子に出した孫が帰ってくるのねi-178
またまた、楽しみですねi-185

to きなこさん

そーなんだよねーv-290
前職では全く活かされず・・・
っていうかー、どういう職なら活かせるのでしょうかv-361
「ワナ作り職人」とかv-361
でもなっつ、基本動物愛護スピリッツだしーv-355

なっつ小学生のころ、そんなに楽しくなかったに。
だってこんななっつについてこれるような小学生、あんまりいなかったしーv-356
今の方が楽しいかもv-344
でももういい大人だからー、「理性」をもって行動しんとかんのがツライとこだわー。

今日は小麦の里帰りv-344
でも天気悪いからちょっと心配v-355
新幹線v-456、大丈夫かーv-361

by なっつ

なっつさんスゴイっ!!よく鳩捕まえましたね~~!
けどYuRiは鳩が嫌いなので・・・できればスズメを捕まえたいです(笑)

そうなんですよね!野鳥(スズメとか鳩も)って捕まえちゃいけないんですよねw
巣立ちに失敗した子でも・・・ダメだから見守るしか出来ないんですよね。。。

ほほー

何だか私も同じことやってた^^;
ザルがだめならバケツでがんばってた!
でもなっつがやったことまでは思いつかなかったなぁ~
懐かしいわ~~v-398

to YuRiさん

えーっv-355
YuRiさんハト嫌いなのーv-361
なっつは生き物なんでも好きだったから。
でも、毒がある生き物とかゴキブリは嫌いですよv-356
なっつの理想の人その1は「ゴキブリが殺せる人」だったのでシマ君と結婚しましたーv-344

by なっつ

to のりまき

おひさーv-222
ブログ更新まだーv-361
UNO&ANNファンとしては待ち遠しい限りでーすv-354

あ、やっぱりのりまきもおんなじ事やったv-361
のりまきとはちょっと同じ匂いを感じるんだよなーv-391
でもグレードアップまで思いつかんかったでしょ。
ツメがあまいぞーv-392

by なっつ

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■普通のハトは野鳥じゃないの?

ハト目ハト科の鳥類の仲間、ドバト。 みんなが普通に「ハト」と呼んでいるのがドバトことです。 ハトを知らない人はいないよね? ハトといえばやっぱり、鳩サブレー!! 【身近な野鳥図鑑:ドバト】 【身近な野鳥図鑑:ドバト】 【身近な野鳥図鑑:ドバト】 【身近な野鳥..
2009/03/21(土) 15:48:58 | ほぼ日刊そらいろ新聞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。