ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 逝ってしまいました・・・・BLOGTOP » ゴマちゃん闘病記 » TITLE … 逝ってしまいました・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逝ってしまいました・・・・

なっつですごめんなさい。


1月31日(土)朝5時20分頃、ゴマちゃんが静かに息を引き取りました。

朝、なっつが「ガチャン!」という音で目を覚ますと、笑吉が目覚まし時計を落としていました。
ここのところの習慣ですぐにゴマちゃんを見るとわずかに呼吸してるのが見え、安心して水を与えようと近くに行くと・・・・息をしてませんでした。

ホントに静かに、安らかに、苦しまずに逝ってくれました。

笑吉が「ゴマちゃんが逝くよ、早く眼を覚まして!」と教えてくれたかのかな。

なっつの腕の中でまだ全然暖かく、そして柔らかく、眠っているだけかのようなゴマちゃん
「ゴマちゃん、ゴマちゃん!」
何度呼びかけてももう応えてはくれませんでした。

シマ君もすぐに気づいて抱きしめましたが戻ってきてはくれませんでした。


昨日はここ最近の中で一番調子がよかったので、もしかしたら奇跡が起きるかも・・・?
なんて淡い期待を抱きそうになってましたが、奇跡は起きませんでした。
きっと最期の時を、穏やかな時間をなっつに見せて安心させてくれたんだね。
「苦しんでないよ」って。

それでもやっぱり寂しいよ、ゴマちゃん
綺麗なうちに火葬にしてあげたくて、すぐにペット霊園につれていき読経してもらいそのままゴマちゃんだけを置いて帰宅しました。
だからもう、ネココルームにゴマちゃんはいない・・・

寂しくて、悲しくて、まだ涙が溢れてくるけど

不思議と清々しいような気分でもある

決してゴマちゃんがいなくなってホッとしたわけではない

ゴマちゃんが最期に穏やかな一日を過ごしてくれたこと
ゴマちゃんがとても安らかに逝ってくれたこと
ゴマちゃんがなっつとシマ君に「覚悟」の時間をくれたこと

そんなおかげなのかな

・・・そして実はなっつは先月末で17年以上勤務した仕事を辞め、専業主婦を始めたばかり。
だから、なっつはずっとゴマちゃんを看ててあげることができた
なっつがやれる事はすべてやったつもりだ

だから「こうしてあげればよかった」「ああしてあげればよかった」という自責の念はない
このことを本当に嬉しく思う

ありがとう、ゴマちゃん
最後まで誇り高いネココだった
なっつはゴマちゃんと過ごした思い出を忘れないよ

本当に本当にありがとう
もう苦しくないよね?
ゆっくり眠るんだよ



0901300205.jpg
昨日のゴマちゃん

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

そうでしたか。
ご冥福をお祈りいたします。

写真,凛としてて,すてきですね。

to もあさん

そうでしょ?とっても素敵でしょう?
これは最後の写真なんですよ。
まさかこの十数時間後に死んでしまうなんて・・・

ぽっぽちゃん、大切にしてあげてくださいね。
どうか、どうかゴマちゃんの分まで生きて!
あと2か月もすれば暖かくなるから
そしたらきっと今年1年も大丈夫だと心から信じてます。

応援してくれてありがとうございました。
もあさんが心配してくれたように、私もこれからぽっぽちゃんを応援させていただきます。

by なっつ

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。