ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

04月« 2011年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっつも

なっつです

なっつは午後仕事がある日はだいたい午前中に少し仮眠を取るんだけどね・・・・


2-110522005.jpg


3-110522006.jpg


4-110522011.jpg
とまあ、こんな感じで始まるんだけどね・・



5-110522002.jpg
 なに?すず?

せっかくみんな静かになったってのに~(-_-)


毎回のことなんだけどサ、
すずはお昼寝タイムになると必ずすることがあるのー

さー、寝よ・・・と思ってリビングに横になり、
ワンコーズのポジション争いも治まって静かになると
決まって動き出す(-"-)


まずは水を飲み、なっつの元へ帰ってくる

そして、なっつに「ナデれ」と命令(T_T)

数分ナデナデしてもらって満足したかと思いきや、

全速力で走って行ってしまう 



・・・・・トイレへ



1-110522014.jpg



必ずなんだよねー  

先に済ませておいて欲しいんですケドー(-_-)
ダックスたちもなっつの股間にスッポリ納まって
静かになったってのに・・・

すずのホカベン  を取るために起きなかんがねー

おかげで、すず のトイレタイムまで計算に入れて目覚まし時計をセットするようになった

コレが毎度毎度繰り返されるシマ家の午前なのですー(*^^)v


・・・え?
一コ足りん?

ああ、アイツね。
不思議系ワンコ。
真央っち

ポジション争いには参加してたはずなんだけど。
寝るのはだいたいいっつもココ。
6-110522017.jpg

真央っちにとって、ポジション争いは寝る前のストレッチみたいなモンなのか?


よくわからんワンコですわー 


にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト

最期のとき

なっつです


今日でかんちゃんが逝ってしまって1週間・・・
前回の記事で
「次回は楽しいワンコネタ」
と振っておきながら
今回もかんちゃん闘病記になってしまいました

実はなっつ、この記事を書こうかどうか悩んでまして
そう。
かんちゃんの最期の時・・・

記録として遺しておくか
記憶としてとどめておくか

初めのうちは書けなかった
だからもう、記憶としてとどめておこうと。
でも

最期まで頑張ったかんちゃん
最期まで優しかったかんちゃん

そして愛するものを失う悲しさや痛み

おそらく何年も経つと薄れて行くだろう記憶の中で
命の大切さをも忘れないためにも
記録に遺そうと思ったの

ただ、やっぱり少しツライものもあり・・・
多少かいつまんでの記事になります

「見たくない」と思う人はココまでにしてくださいネ
あ、画像は出しません。
かんちゃんの死後の写真は一切撮影してないし
苦しい時の画像はかんちゃんも見せたくないだろうしね



5月5日
朝起きてかんちゃんを確認
ネココリビングで横たわったままのかんちゃん
もう一切食べ物は口にせず、水も飲まない
前日からチッコの量も減り、腹式呼吸になった
シマくんがリンゲルを点滴する

なっつ、たぶん・・・今日かなって
口には出さなかったけど
そう思った

しばらくするとなっつの友人が訪ねてきてくれた
なっつを心配して来てくれた友人に少し元気をもらった

午前中のほとんどはシマくんが付きっきり
容態は変わらなかったため、二人でサックリとカップラーメンランチを済ませ

もし何かあった時に
どうしてもシマくんには看取って欲しかったから
なっつは一人でワンコーズのお散歩(2回)に。
だってかんちゃんは産まれた瞬間からシマくんとずっと一緒
絶対に看取ってあげないとね

午後は何度も二人で交代してかんちゃんを見守る時間が続き
なっつの番でかんちゃんを看ていた15時頃
かんちゃんが

「パパを呼んで」

そう言った気がしたの

2階のネココリビングから大声で
でも、シマ君を慌てさせないように冷静に

「ちょっと来てー!」

と呼んだ。

「どうしたの?」
「かんちゃんが、呼んだの」
「・・・そっか」

特に変わりない様子にシマ君も少し安心して
二人でしばらくかんちゃんを看ていた

でも
やっぱり
かんちゃんはシマくんを呼んだんだね

横たわっていた体を必死に起こそうとするが
もうほとんど右半身がまひしているため顔を上げるのが精一杯
口で呼吸をするようになり
苦しげにかすれた声をあげる
どうやら呼吸ができなくなってきたらしい
おそらく
肺に水が溜まってしまったんだろう・・・

身をよじり、お腹を見せる
目の前の出来ごとを受け入れたくないのか、シマ君は
「どうしたの?そんなに甘えちゃって」
と言う

「違うよ、苦しんでるんだよ」
と言おうとした

けど、

ふと見るとシマ君はもう泣いていた

わかってるんだよね、本当は

もうすぐ遠くに行ってしまうこと・・・

「かんちゃん、かんちゃん!」

二人で泣きながらただただ名前を呼び続け
背中をさすり、頭を持ち上げ続けた

でも
その時は来てしまった

大きな伸びをするかんちゃん

死ぬことへの最期の抵抗
もう既にこのときには意識はないだろうけど
伸びが終われば逝ってしまう

「かんちゃん、苦しいね、ごめんね!ごめんね!かんちゃん!!」

大きな伸びが終わるとふっと力が抜けた
さっきまで、まるで痙攣してるかのようにかんちゃんの体に血液を送り続けていた心臓は
もう動いていない
そして呼吸も止まった

それでも泣き喚きながら
「かんちゃん!かんちゃん!」と呼ぶと
口を大きく開けて
「ハッ!」と息をしようとしたかんちゃん

もう水で満杯になった肺に酸素は届かない・・・

かんちゃんはそれでももう一度
「ハッ!」

そして
二度と戻って来なかった





かんちゃんね、一番呼吸が苦しい時
やっぱりシマ君に体を預けるんだよ
「ねえ、苦しいよ」って
何もしてあげられないのは本当につらかった
せめて最期の瞬間だけでも安楽死させてあげられたらよかったのかもしれないと・・
でも、自宅で看取るということはこういう事だと思う
ゴマちゃんの時は本当に静かに眠るように逝ってしまったけど
そういうのの方がきっと稀なんだろうな・・・

ただシマ君もなっつも思うことは
二人で看取ることができて本当によかった・・・と。
飼い主としての最後の責任を全うさせてくれたかんちゃん
本当に優しいコ

かんちゃんの逝った日は5月5日こどもの日。
まるで自分で選んだかのよう。
3日はなっつの誕生日だった。
4日は少し容態も落ち着いて、二人でかんちゃんとゆっくりする時間があった。
そして5日を迎えた。
もし、6日だったら、シマ君は朝から仕事だしなっつは午後から仕事だった。
そう。翌日だったら看取ることはできなかったの。

なっつの誕生日を避け、4日には最後の1日をみんなで過ごし、仕事のある前日に逝ったかんちゃん

本当にありがとう


110512003.jpg
お世話になった動物病院から贈られてきたお悔やみの花束




寂しいね

なっつです


今年は忘れられないゴールデンウイークになりました
このところ、ずっとかんちゃん の看病に追われていたけれど
なっつ、まだまだ頑張れたのにな・・・
もう、その必要もなくなっちゃった 

なっつも少し落ち着いてきたけど
まだやっぱり、ふと思い出しては涙が出る 

ヒマラヤンって普通のネココよりも口の「へ」の字が鋭角なのね。
だからなんか怒って見えるんだけど。
かんちゃんはヒマラヤンのハーフだけど、鋭角な「へ」の字はシッカリ受け継いでて。
あの「へ」の字の口でなっつを見上げて
「ね~、ごはんちょうだい」
「ね~、膝に乗ってもいい?」
「ね~、トキトキして」
「へ」の字の口の両端を少し開けて「R~」って鳴くの。

それを思い出すともうダメ

でもね、
きっと時間が癒してくれるから
大丈夫
寂しくて悲しくて仕方ないけど
大丈夫


かんちゃんの具合が悪くなってからずっと放置気味だった笑吉さん 
もう甘えちゃって甘えちゃって 

笑吉も寂しかったんだね
ゴメンよ~
たくさんガマンさせちゃったね
かんちゃんの最期の時もお利口さんだったよね

シマ家には3匹のネココがいたのに、1匹になっちゃった
寂しいね。

あ、でもネココが嫌いなネココの笑吉にはパラダイスなのかな?(笑)

[広告] VPS


次回からはまた楽しい(?)ワンコネタ中心のブログ復活です

ねえ、かんちゃん

なっつです


ねえ、かんちゃん
110505007.jpg

覚えてる?
初めてなっつと会った日のこと。
なっつは鮮明に覚えてるよ~
真っ黒で目目がでっかくって口が「へ」の字で、やたら声が低くって(笑)
まだなっつとシマ君が結婚する前だったもんねー

かんちゃんとゴマちゃんはシマくんの大事なネココだった
デートの時も話題の大半はゴマちゃんとかんちゃんの自慢話だったんだよw

だから早く会ってみたくてウズウズしてたんだから~



ねえ、かんちゃん

かんちゃんよくさ、眠ってるなっつの胸の上にドーンと箱座りして
上からなっつの事眺めてたよね。
アレ、にらんでたの?
「シマパパを盗りやがって。泥棒ネコ!」・・・って?


ねえ、かんちゃん

その証拠にさ、なっつのカバンに潜り込んではよくチッコしてくれたよね。
中の化粧ポーチも財布もチッコまみれでさ。
しかも新品のカバンにやってくれたこともあるよねー
シマパパ、ウケながらも「ゴメンゴメン、かんちゃんを許してやって」って
あの後アウトレットで買ってもらった財布、今でも使ってるんだよw


ねえ、かんちゃん

シマくんと結婚して移った新居で、魚焼く時大変だったんだよー!
ゴマちゃん&かんちゃんVSなっつで魚争奪戦だったね(笑)
あれ以降、うちで魚焼くのやめたんだから~


ねえ、かんちゃん

かんちゃん病院に入院すると、看護師さんやら獣医さんにモッテモテだったんだよ
顔はブッサイクだったし、声も低くて「R~」って泣くけど
性格はめちゃくちゃ可愛かったもんね!
でも、ゴマちゃんや笑吉とのケンカになるとダントツで強かったネ
人が変わる・・・いや、ネコが変わる
笑吉の耳たぶ破ったの、かんちゃんだもんね~(笑)
結局、笑吉の耳たぶ破れたままだよ
その事は看護師さんと獣医さんには内緒にしといてあげるw


ねえ、かんちゃん

ブラッシングが大好きだったよね
ブラシが転がってると自分ですりつけてたっけ
ブラッシングのやりすぎで何回もハゲつくったよね(笑)


ねえ、かんちゃん

嫌な事があるといつも膝に乗って慰めてくれたよね
なっつの膝が好きだったよね


ねえ、かんちゃん

さっきね、シマくんがあらたまって
「かんちゃんをこんなに可愛がってくれて本当にありがとう」
だって。
やーね。
当たり前じゃんね。
シマくんと結婚したその日から、かんちゃんは私にとっても大事な娘。
それにかんちゃんとっても可愛いコ(性格ね)だったし。


ねえ、かんちゃん

ねえ、かんちゃん

ねえ、かんちゃん

知ってる?
なっつもシマくんも
かんちゃんの事、すっごくすっごく大好きなんだよ。

これからもずっと、ずーっと・・・・

110505042.jpg


2011年5月5日 15時25分
かんちゃん 永眠

お願い、頑張って

なっつです


かんちゃん、もう目も見えなくなったみたい
目の前の動くモノに瞳孔が反応しない

右側のテテも足もマヒが進み
もう立つこともできなくなった

横たわったかんちゃんの胸を見てると
心臓の動きが尋常じゃない
痙攣してるかのように早い
呼吸は腹式呼吸になった

もう立てないからチッコも横たわったまま
でも、かすれた声でちゃんと教えてくれるの

エライね、かんちゃん

おとといの夜から一緒に寝てる
今晩も一緒に寝れるよね?
しんどい?
もうちょっと頑張ろうよ、かんちゃん

お願い、かんちゃん


にほんブログ村 犬ブログへ

引っ越し

なっつです

とうとう右の前テテもマヒしてしまったかんちゃん

もう歩けないだろうと思いきや
途中倒れこみながら、チッコをもらしながらも危なっかしい足取りで隔離部屋を出て行き
3-110503001.jpg

たどり着いたのは・・・


2-110503015.jpg
このベッド

ずっと過ごしたネココリビング


ココがいいんだね 

わかったよ、かんちゃん

今日からココで過ごそうね

4-110503024.jpg
弱ったかんちゃんを笑吉がいじめないかと心配だったけど
余計な心配だった

笑吉は遠くからかんちゃんを眺めてるだけ
ときおり近くに来ても、何をするわけでもなく
また去っていく

5-110503029.jpg

何でも望み通りにしてあげるね
でも、お水だけは飲ませてね
補液してるから不要なのかもしれないけど
やっぱり口から飲んで欲しい

今日から一緒に寝よう
昔、よく一緒に寝たよね
ゴマちゃんの最期の時も、なっつとシマくんはネココリビングで一緒に寝たし

1-110503020.jpg
よろしくね、かんちゃん


にほんブログ村 犬ブログへ

足が・・・

なっつです

日に日に食欲が落ちるかんちゃん
スープを飲もうとするんだけど、舌が届かない
もう少し舌を出さないと・・・
かんちゃんはヒマラヤンのハーフなんで顔がぺったんこ。
ちゃんと下を向いて舌を出さないと飲めない
器を傾けるにも限界がある
それでもまだ飲もうとしてくれるから嬉しい

今日気付いた
かんちゃんの後ろ足
もうヨタヨタで1メートル歩くのがやっとなんだけど
後ろ足の甲で歩いてる
肉球が上を向いてる状態
心臓も相当弱ってるはずだから、血流が末端に行かなくなったかな・・・
触ると冷たいの
爪も中途半端に出た状態で
壊死しないといいんだけど・・・・

1カ月前、食欲が無くなり始めて病院へ行った頃
レントゲン室でかんちゃんが「やだのー!」と泣く声が
待合室まで届いていたのに
今はもう、声も出ない

1週間前、固形物は食べなくてもペーストは食べてくれたのに
今はもう、ペーストすら口にしない

過去がどれだけ幸せだったか
その時はまだ気づいてなかった

でも、これからの時間がどれだけ貴重なのかに気付いたから

今はきっと明日より元気

本来明るくあって欲しい未来だけど

未来よりも「今」の幸せを噛みしめなきゃ

そんな事を実感した一日



にほんブログ村 犬ブログへ

もう少し

なっつです


かんちゃん もう奇跡を起こすのはムリかもしれない

110501017.jpg

もうペースト状のごはんも喉を通らなくなって
スープも固形物が入ってるとダメ
だから、スープを新品の排水溝用ネットに入れてギュッと絞る。
その汁を飲むだけ。

あとは点滴。
一日一回だった点滴も、一日二回に増やした

トイレ(チッコ)だけはヨタヨタしながらもちゃんと行ってたのも
間にあわない事が多くなり・・・
もう今ではほとんどトイレまでたどり着けない

110501024.jpg



 はもう10日もしてない
りきむ力もないんだろう・・・

時折、口をハミハミして「ぎゅっぎゅっ」と歯ぎしりのような音をたてる
憶測でしかないけども
乳腺腫瘍の転移、口の中にあったのかもしれない
だから食べ物がのどを通らないのかな
それに、口から腐臭がする
あんなに丹念に自分でお手入れするコだったのに
もう顔を洗うこともしないから、そのせいかもしれないけど
腐臭は別モノだと思うし
毎日シャンプーシートで口の周りと目ヤニは取ってあげてるの

転移があったところで、もうなす術はない

でも
それでも
かんちゃん、生きてるから
頑張ってるから
なっつもシマ君もがんばんなきゃ!

大丈夫。
まだ大丈夫。
きっと明日も大丈夫。
明後日だって大丈夫。

一緒に頑張ろうね、かんちゃん



今日、ペットショップでかんちゃんのスープを買って、しばらく店内をうろうろしてると
ケージにいるシンガプーラと目が合った

座ってコッチを見てるシンガプーラ
思わず近くに寄って指を差し出してみた

クンクンするだろうな・・・って思ってたのに。

シンガプーラちゃん、なっつの指をジッと見て何度も何度も首を傾げて
ケージの隙間からそぉーーーっと手々を伸ばしてきた
そして手首をクイッと内側に曲げて、なっつの指にそっと触れてきた

爪は出さず、ホントにそぉーーーっと。

なっつの指先に感じるあったかい肉球の感触

「頑張ってね」って言ってくれた感じ。

ネココって不思議だよね
ヤツラは「何でもわかってるのよ」的な雰囲気がある
きっと飼った事のある人にしかわからない感覚
でも飼った事のある人は誰でも感じた事があると思う

もちろん、ヤツラは何もわかってないだろう
でも、その人の気持ちの色?・・・みたいなものを感じてるのかもしれない

ほんの少し癒されたなっつ
帰りの車の中でシマ君に「こんな可愛いコがいたよ」って言ったら
「そんなん聞いたら飼ってまうがー!」だって(笑)
なっつ、もうネココを飼うつもりはないんだけど
脆弱な理性の持ち主。
簡単に折れちゃうかもね(笑)

最近の笑吉さんはと言うと、
110501026.jpg
毎日かんちゃんのスープの搾りカスをもらってご満悦
・・・かと思いきや
飽きてきたらしく、カリカリフードが食べたくて仕方ない。
カリカリが入ってる棚を開けると身を乗り出して「それちょーだい」とわめく(-_-;)

かんちゃん、一日にスープを5袋くらい使うんだけど全部食べてくれるとは限らない
残りカスはすべて笑吉のご飯になる
でも絞りカスばっかりだから足りないみたい(笑)
太り過ぎだからちょうどいいんだけどサ

あ、こなつママが段差を登れなくなったのは
やっぱりヘルニアだった
でも、ステージ1の軽度のものだから手術はもちろん、投薬も無しでOK
数週間ケージレスト。
こなつママは大人しくてケージレスト好きなコだから順調に回復してますw
110501008.jpg

心配してくれた皆さん、ありがとう


にほんブログ村 犬ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。