ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

02月« 2011年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝てばっか ( ̄‥ ̄) = =3

なっつです

シマ家ファミリーは暇さえあれば寝てる(-"-)
なっつは寝過ぎると頭痛になるのであんまり寝ないんだけどぉ・・・

ネココはわかるよー
猫の語源は「寝子」から来たって言うし
それでなくてもシマ家のネココーズは年も年だからね。

ワンコも寝るもんかもしれんけどさ

シマまで寝ることないんじゃなくって?・・・(-_-メ)

見てよ。
今朝の写真。

110328043.jpg



ちょっと引いてみましょう。
こんな感じ

110328038.jpg



それにしても、どーしてワンコって一緒に寝るのが好きなんだろね(*^_^*)
毛布や枕を出してお昼寝準備に入るとやたらハイテンション になる

 ヤッター!一緒にお昼寝だぁ~! 」
的な・・・

そして始まる場所取り合戦・・・(-_-)

ひとしきり戦ってようやく場所を決めポジションにつく。
毎回同じ場所になるのにどーして毎回戦うのかい?君らは 

ベスポジをゲットするのはいつもこなつママ
ボスだでとーぜんだわね。

№2は真央っち なんだけどさ、真央っちってば不思議系ワンコだもんだから。
気がつくといつの間にか一人ケージに入って寝てるのが多いの。
さっきの戦いは何だったの?みたいな。

で、№3は・・・順番でいくとすず なんだけどさー
ポジション争いが静まってからも何故かウロウロウロウロ・・・

コウタ はと言うと、いつも戦いに敗れてるはずなのに
「股の間」という人気スペースをいつのまにかゲットしている。

こなつママや、パピヨンねーちゃんたちにガウガウ牙をむかれても
ぴーーーーっY(>_<、)Y
と泣きながらも最終的には股の間をゲット。
結構したたかなオトコである

・・・で、なかなか寝ないすず はと言うと。

寝転んでる人の手元に来る。
そして寝転んでる人の手と床との隙間に鼻を突っ込み
そのまま勢いよく持ち上げる。


コレを繰り返す

勢いよく突き上げられた手は、ちょうどいい感じですずの背中に落下する。
そう。
彼女は
「撫でれ」
と要求しているのだ

しかもとてもしつこい。
無視しても無視しても手を飛ばされる。
眠れたもんじゃない。
それでも無視し続けると、イラついたすずは
「前足で人の手を掘る」
という強硬手段に出る

・・・しかも思いっきり(-_-)

コレがかなりイタイのである(T_T)

無造作に置かれた手にホリホリホリホリホリホリされてみなさいよっ
血が出そうですからっ!

結局根負けしてナデナデさせられる羽目だわさっ( ̄‥ ̄)=3


彼らにとっては快眠でも、一緒に寝るモンにとっては安眠なんてできやしねー。

・・・のに。

そんな中、雷鳴かと思うほどのイビキをかいて寝られるシマはスゴイと思う。

そして、地響きを伴うようなイビキの中でも
喜んで寝るワンコーズもスゴイと思うなっつなのでしたー。


オマケ

遊び疲れてコテッと寝てしまったコウタくん

110328007.jpg



ホントはすず のオモチャのトウモロコシを傍らに置いて・・・

110328006.jpg



・・・がっ!
やはりシマ家の「キングオブ寝姿」と言えばコイツを置いて右に出るものはいない

110305020.jpg


今日も素敵な寝顔なのでした~

110305021.jpg




にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

何も言えなくてごめんなさい

なっつです

ご無沙汰です。
なっつんちは名古屋なので、地震の被害はなく皆元気です。

でも、連日テレビで放送される被害状況を見ると
ブログどころか、友人知人から来たメールも返信できないくらい気分が落ちてしまってます。

もともと閲覧数も少ないなっつのブログですが
それでもブログを通して気の効いた励ましのメッセージを書くべきかと悩んでいたんですが、
「頑張って」
「明るい未来は来る」
「みんな応援してる」
・・・なんて言葉は、なっつには書けない

地震の影響もなく、
スーパーにもまだモノがあり、
毎日お風呂にも入ることができ、
家族やワンコーズ、ネココーズも元気にしてる

そんな当たり前の幸せな日々をのほほんと暮らしてながら
電気の点く暖かい部屋の中で被災者に向けて言える言葉などあるのか・・と

本当にごめんなさい。
苦しい生活を強いられる中で、こんな幸せをごめんなさい。
何もできなくてごめんなさい。
言葉もかけられなくてごめんなさい。

私にできること・・・
わずかな募金くらい

あと節電・・・でも節電って微妙ですよね。
なっつは名古屋人なので中部電力。
被災地は東京電力。
互いに周波数が違うため、送電できるのは僅かなので送電により一般家庭の電気に影響がでることはないらしい。
聞いた話によると、逆に電気使用量が極端に落ちると経済が下降してしまい、今後の復興に影響がでるかもしれないという。
それでも節電することは悪いことじゃないよね。
極力一人の時は電気と暖房を消して過ごしてます。

それとなっつが気になって仕方ないのはやっぱり
小さな家族たちのこと。
家族と離れ離れになってしまったワンコやネココたち・・・
どれだけのコたちが生き残ってくれるだろうか

動物愛護協会の講習会とか行くとネ、言われるの。
動物レスキューに関してはどうしても後手になるって。
もちろん「人命優先」だから。
でもね、コンビニに「迷子」の張り紙すら貼ることも困難なんですって。
まだ行方不明の人がいるのに犬や猫の行方不明の張り紙などもってのほかだって。

当然だよね。
「人命優先」だもん。

でもね、
救助現場でその人命を救うために、危険を冒して探してくれるワンコがいる
報酬はご主人からの「イイコだね」その一言をもらうだけで
たったそれだけで私たちの仲間を必死に探してくれている
だからどうか、彼らの仲間も助けてあげてほしい

大切な家族を亡くしてしまった方、不謹慎に聞こえたらごめんなさい
遠く離れた名古屋で何もできずにいるくせに偉そうな事をごめんなさい

でも・・・
ワンコもネココも傷つけば私たち人間と同じように痛いの
赤い血が流れるの
寒くて、お腹も空くの
寂しくて、怖いの・・・

ただ違うのは
どんなに痛くても
どんなに寒くても
どんなにお腹が空いても
どんなに怖くても
涙を流すことができない

「助けて」って言えないの

ただひたすら苦しみと痛みと孤独に耐え、飼い主さんが来てくれるのを信じて待ち続け、
物言わぬ天使たちは命の灯を消していく


なっつね、今どうしようか悩んでる。
被災したワンコの一時預かりのボランティアをしようかどうか・・・
簡単には決断できない。
大切な「命」を預かるわけだから。
それに、シマ家のライフスタイルや先住ワンコに合わせてもらわないといけないって事もあるし
正直、経済的に余裕は全然ない
病気のコを抱えてるし・・・
名古屋にも近いうちに必ず来ると言われている東南海地震の不安もある

それでも、大切な家族の一員を預かることで被災者の役に立てるのかもしれないと・・・

まだわからないけど・・・
とりあえず僅かな募金と少しの節電をしながら慎重に考えたいと思ってます。







消しゴム誤飲事件

なっつです

この週末もシマ家ドタバタでした

土曜日の朝、名古屋人のシマ夫婦はいつもの週末のごとく近所の喫茶店へモーニングへ。
帰宅後ワンコーズをケージから出し、二人で洗濯モノを干してリビングへ戻ったら
コウタ と真央っち が何やらソファの上でクチャクチャと

「何食べてるのっ

取り上げて見てみたら
消しゴムのカバーの残骸・・・(-_-)

で、中身が・・・・ない。

慌ててシマくんと二人で探しまわったがない。
どこにもない。

・・・食ってまったようだ(-。-;)

さて。
誰が?

消しゴムカバーをクチャクチャしてたのはコウタと真央っち。
消しゴムはリビングのガラス製のティーテーブルの上にあったはず。
でもティーテーブルはワンコがソファーから身を乗り出せば消しゴムがギリギリ取れる位置にあった。
一番怪しいのは・・・

コウタ。

なんつっても食欲半端ないし(-_-)


1-110305004.jpg

2-110305006.jpg

3-110305007.jpg


消しゴム誤飲の場合の対応をネットで調べてみた。
そしたら、塩水飲ませて吐かせないといけないだの、
「ウチの犬は消しゴム誤飲で開腹手術した」だの、
すぐに病院へだの、
なっつの不安をあおるには十分な情報が満載だった。

なっつがオロオロしてるのに、またしてもシマは
「もうしょーがないじゃん。で出てくるの待つか、症状が出るの待つしかないじゃん」
などと悠長な事をのたまう(-_-メ)

症状が出るのを待つ」ってどーいうこと!?(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵
・・・的な怒り沸々。

なっつがそんなのを待てるワケがない。

結局病院に連れていくことにしたんだけど、シマは
「連れてくんならコウタだけじゃなく全部だわさ」(←ヤケクソ的な?)
と言う。
まず、コウタに間違いないと思うんだけどー(-_-)
そこはしゃーないんでなっつが折れて、全部病院に連れてった。

当然のごとくレントゲン。

で、誰が食べたかは見てないんでとりあえず、一番怪しいコウタからレントゲン。
まだ胃の中にあれば、吐かせることができる。
大きくなければ を待つ。
そして最悪は開腹手術

祈るような気持ちで待合室で待ってると
先生が待合室に来た。
普通なら診察室に通されるのに。

レントゲン写真片手に
「コウタ君、シロでした
って。


・・・・え?∑(-x-;)
コウタぢゃないの?


(-"-)

じゃ、
真央?


ってことで今度は真央っちをレントゲン。

しばらくするとまた待合室に来た先生。

「真央ちゃんも白です

∑('◇'*)エェッ!?


じゃあ一体・・・

誰なんだよ~っ!?

とにかく、消しゴムは確かに消えていたんで誰かが食べたんだと思っていたが。
もしかしたらまだ探し足りないところがあった?
でもあの残骸から言って、無傷な消しゴムがどこかに転がってるとは思えないしー。

まあいい。
とりあえず、今度はすず


そこでなっつ、急に思い出した
そーいえば、ティーテーブルの上の消しゴムに一番興味津々だったのはすずだった。
いつもソファーから身を乗り出し、「コレなぁに?」とクンクンしてた。
その都度なっつに「ダメ!」って言われて諦めてた。
・・・が。
なっつとシマが不在の間、すずだけがケージに入らずフリーになっている。

「ヤバイ。すずだ。(-_-;)」

そー思ったが、シマには黙っておいた。
だって散々コウタに違いないってわめき散らした手前さ・・・

すると今度は先生、診察室から呼んだ。
・・・やっぱし。

すずのレントゲンを掲げ、「異物飲んでますねー」・・・と。

すずのレントゲンを見ると、粉々になった消しゴムと思われるかけらが消化器官の中に見事にちりばめられていた。

「こんだけ粉々になってれば、もうすぐ に出てきますよ

どーやらすず 、なっつとシマくんがモーニング中に一人でのんびりと消しゴムを堪能したらしい。
丸飲みじゃなかったからね。

例のごとく、今回も病院で大暴れのコウタと他3匹をひきつれて病院を後にし、
帰宅してしばらくするとすずが吐き戻した。

大量の消しゴムを。

そしてまたしばらくすると、消しゴム入りの もした事は言うまでもない・・・・

心身ともにヘトヘトになったなっつに追い打ちをかけるように
「なっつ、もっと冷静になって考えて。」
とシマ(T_T)

ああ、そーだとも。
シマの言うとおりだったわさ。(ー) フフ
今回もね。

全頭検査する寸前で犯人がわかったけど、レントゲンのみ処置なしで1万4千円が飛んでいったのであった

4-110305002.jpg

5-110305033.jpg

6-110305030.jpg

もう

でも、届くところに消しゴムなんか置きっぱなしにしといたなっつがイケナイんだよね

7-110305026.jpg


・・・ゴメンゴメン ヾ(´ε`*)ゝ

8-110305001.jpg


てっきりコウタだと思いこんじゃったなっつが悪いのよ~

9-110305025.jpg

10-110305010.jpg

どれどれ?

12-110305011.jpg

( ̄▽ ̄;)  ・・・・か、かわいいね・・・


にほんブログ村 犬ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。