ダックス・パピヨン・ネココたちとの生活

ゴマのかんづめ

12月« 2011年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツボを心得ているヤツ

なっつです

ウチのコウタ ってさー、
ホントぶさいくでー。

産まれた時からそーだった
それでも子犬の頃は子犬の可愛らしさってのがあったからまだよかったわさ。

あれから2年・・・
見事なぶさいく犬に育ってくれた

コウタってば
黒い巨頭だしー
その割にカラダはガリガリだしー
グローブはやたらデカイしー
口から排水溝の臭いするしー
ケージの中でおもらしするしー
見てないとすぐに パーティー開催するしー
人見知り、犬見知り激しすぎるしー

こんなコウタくん、きっと他の人から見たら
「どこが可愛いの?」的な感情を抱く人も少なくないかも(-"-)

でもね
そんなぶさいくであんぽんたんでどーしよーもないコウタだけど
なっつにはそれはそれはたまらなく・・・・

カワイイの~!!(*/∇\*)キャ

甘え上手っていうのかしらねー

なっつがリビングでソファーを背もたれにしてカーペットに体育座りするとね、
必ず慌ててやって来て、お腹の上によじ登ってくるの。
で、正面からなっつの顔を見て、至近距離で目が合った途端、
なっつの胸にペタっと顔をつける  (・・・ただのエロドッグなのか?)
も~なっつ、たまらんワケですわー

それとかね、
なっつが2階のネココリビングから戻るとコッソリ パーティー開催してる時があって。
 に夢中のコウタ君。
なっつが階下に降りてきたことにも気付いてない。
なっつの
「あーーーーーっ!!
って叫び声に飛び上がる
それでもね、
「あ、ボクちんはたまたまトイレ付近を通りかかっただけ」的な顔でしらばっくれようとする。
現行犯で見つかっていながら、そんな手が通用するワケがない。

「コ~ウ~タ~凸(-_-メ) 今、何しとった~?」

とドスの効いた低い声で歩み寄るなっつ。

すると観念したコウタ君、どーするかというと
ローラーに轢かれたかのごとく、ぺっちゃんこになってほふく前進で近づく。
怖がっていないのか、笑ってごまかそうとしてるのかわかんないけどシッポはゆらゆら。
「ね?ね?そんなに怒んないで?」
って言ってるかのようで。
ついつい笑って許しちゃうんだよね~


コウタは知らないヒトには決して体を触らせない。
噛みついたり攻撃することはないんだけど、吠えまくる
知らないワンコに外で遭遇しようもんなら、もう手に負えないくらい。

ニンゲン社会に於いての適応能力が著しく低いカンジ。
でも当たり前なんだけど、シマ家のワンコ軍団の中では一番下っ端で下っ端らしくおとなしくしてる。
先日も、お友達から頂いたおもちゃをあげた時、
当然のごとくこなつママが独り占め。
コウタはそのオモチャが欲しくて仕方ないんだけど、リーダーであるこなつママには逆らえない。
少し離れたところでずっと見ていた。
放っておけば、そのうちこなつママも飽きるんだけど、その日はもう遅かったんで寝ることにした。

「さー、寝るよ~」

なっつの一言でケージにダッシュするワンコ達。
コウタ君もリビングを出てダッシュでケージに向かった。
・・・・のに。

いきなりリビングへ引き返すコウタ君。
ケージに入るとオヤツがもらえるのにどこへ行くの?
と思ったら。

こなつママが遊んでたおもちゃ。
それをくわえて必死にケージに戻ってきた(爆)
(ちなみにコウタとこなつママは別のケージ)

よほどおもちゃが欲しかったんだな~と思うともう、可愛くって。

どんなにぶさいくでも、
アタマ弱くても、
なっつにとってコウタはかけがえのない愛おしい存在なのです

1-110131023.jpg

2-110131022.jpg

3-110131021.jpg

4-110131026.jpg

5-110131025.jpg

6-110131027.jpg

7-110131011.jpg



スポンサーサイト

夢のバードフィーダー

なっつです

なっつは基本、モノグサー・サボリエンヌ

だからさ、ちょっと家の中庭がユキヲ(キジバト)のフンだらけになろうと
そうそう掃除なんてやってらんないワケでして

でもさすがにそろそろ中庭の掃除もしとかんと、衛生面でどーなの?的なくらいに汚れてきましてん。

一念発起して掃除することにしたがね。

いやね、たまにはやってたのよ。
たまにはね。
掃き掃除くらいは。

でも掃き掃除くらいじゃどーにもこーにも汚れが落ちないのが
ハトフン

・・・てなワケで久しぶりに登場していただきました!
この方です
1-110129017.jpg

\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヒャッホウ~!

ケルヒャー高圧洗浄機!


この方に活躍していただく前に見たい?
なっつんちの、それはそれは親しみの持てる中庭を。
「アラ、なっつさんちの庭に比べたらウチなんてキレイなもんだわ」
と思いたいアナタ!

さあ、コレをみて自信を持ちたまえ

5-110129009.jpg

どーよ。
このトリフン放置の中庭のありさま。
VIVA!モノグサー・サボリエンヌ

極寒の中、長靴を履いて作業すること1時間・・・

6-110129018.jpg

無事完了

こんなに頑張っちゃうにはさ、
ワケがあって
もちろん前述通り、そろそろ掃除しなヤバイんちゃう?ってのもあったんだけどね。
なっつんちの中庭、初春にはメジロ群がやってきてくれたりするの❤
メジロシーズンもそろそろじゃね?みたいなのものあってさー。
それなら憧れの「バードフィーダー」設置しちゃう?
・・・みたいなー!(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ

あ、バードフィーダーって要は「鳥のえさ場」ね。

鳥インフルエンザ発生中で帰宅できないシマ君をよそに
中庭にバードフィーダー設置しちゃうなっつ。ステキング

バードフィーダー設置の件はシマ君には黙っておこう・・・(^▽^;)
時期が時期だけに猛反対されそうだしー(-_-;)


で、さっそく準備準備っと

7-110129036.jpg
「ハト飯」とくればポップコーン?
チッチキチ~ですな
なっつは幼少時、しょっちゅう近所のハトが集まる寺に行ってはハト寄せしとったがね。

ハトにはベビースターと決まっておる

まだメジロのシーズンには早いけどぉ、そんな頃になったら果物でも置いちゃうかな

まあ、今日のところはメイン「ハト」って事で。
いざ設置!

8-110129037.jpg


・・・え? 想像してたのと違う?

ま、まあお金かけずにやろうと思ったからさ(^_^;)
多少 チープなカンジするけどもー。

いーのよ、コレで。いーの。



・・・・って。




でも・・・・




9-110129038.jpg



来な~い(;一_一)
なーんも。
待てど暮らせど虫一匹来やしねー

やだ、なっつ。
キレイにしすぎた?もしかして。
ユキヲが「こんなんオレの家じゃねー」ってまた家出したらどーしましょ

なっつ、ユキヲの帰宅時間を見計らって2階へ


そしたらね

そしたらね


3-110129041.jpg

イターーーーー\(*T▽T*)/

環境変わってもちゃんと帰ってきてくれました(*^^)v
4-110129042.jpg

バードフィーダーに来なかったのは外出中だったから?
帰宅するまで気付かんかった?
お腹いっぱい?
室内にいるワンコーズがコワイ?
ヤダ、もしかしてベビースター嫌い?


夢のバードフィーダー。
鳥の楽園目指して、まぁ、少しの間続けてみるとするかな(^_^;)

シマ君に見つかりませんよーに 


最後に今日のかんちゃん
2-110129006.jpg



かんちゃんとキジバト

なっつです

かんちゃん ですが
食欲もモリモリで、元気もある
安心して先日の土曜日、病院に連れて行きました

結果は良好

・・・でも。

心臓の収縮率っての?
それが24%だって。
ちなみに一番ヒドイ状態だったときが21%。
一応改善?
ちなみに健康体のコは30~40%らしいんで、心臓の薬はしばらく継続になりました
21%ってのは非常にキケンだったらしい。
先生にも「ホントによかった よく頑張りましたね」って言われました(^^ゞ

でもかんちゃん、マジ食欲がハンパなくって
見に行くたびに
「ごは~ん

しゃーないんで夕方にちょっと多めにあげたんだけどねー
さっき見に行ったら水入れにぜーんぶ吐き戻してありましてん(-_-;)

キレーに水入れにジャストミート。

そいでもまだ「くれー。なんかくれー。」

おかげさまで体重も3キロを超えました(^_^;)
あんまり食べさせすぎると腎臓が心配なんだけど・・・
腎臓サポートのゴハンじゃないから
でもとりあえず今は体調回復がイチバンだからね。
これからもがんばります


そして話題は変わって、キジバトのユキヲくん。(←命名「ユキヲ」)
ユキヲくんがカノジョを連れてきたってとこまで報告したと思うのですが。

その後・・・


フラれましたー

まぁカノジョにとってはとても住み心地のいい場所ではなかったかもね~(;一_一)
だってさー
ガラス1枚挟んで約2メートル先にはネココがいるしー
夜になると毎晩のように怪しいニンゲンに覗かれるしー

「こんな家でやってらんねー

と言ったかどうかは定かではないが。

とにかくまたシングルライフに戻ったユキヲ。
そしてカノジョがいなくなると
ユキヲも来なくなってしまった・・・

なっつ、そりゃもう残念で。

諦めきれないなっつ。
「今日も来ないかな・・・」
と覗いてみるとぉ


\(≧▽≦)丿\(≧▽≦)丿

いるぅーーーーー!!

ユキヲくん、戻ってきてくれました

傷心旅行にでも行ってたのかしらねー?

せっかく戻ってくれたユキヲくん。
あまり刺激しないように、写真はやめておきました。

代わりにと言っては何ですが。
コウタくんの写真でガマンしてください。
1-110121002.jpg
2-110121005.jpg
3-110121004.jpg

股ぐら大好きなコウタくんなのでしたー(*^^)v



食べ過ぎだってば(-_-;)

なっつです

先日の土曜日、かんちゃんを連れて今後の投薬の相談に
病院に行ってきました。

レントゲン検査の結果、真っ白だった肺はとてもクリアな状態に

・・・とは言え、やっぱり楽観できる状態ではないみたい。

心臓の方も以前よりは活発に収縮活動をしてくれてるんだけど
健康なコの心臓とは程遠いみたいで。

食欲がなかったのは強い強心剤が合わなかったみたいで。
とりあえず、強心剤はやめることに。

そしたらね・・・

かんちゃん・・・

そりゃもう

どえらい食欲になってまって

いいのよ。
食欲があるって事は。
飼い主としても嬉しい事。

でもさ。

朝、昼、夕方、夜・・・って

どんだけ食べるねん

それ以外にも人影を見れば

「ごはーん」

・・・(-_-;)

しかも毎回完食のうえ

「おかわりー」

何も食べなかった時のことを思うとついつい嬉しくなって
あげちゃうんだけどねー

さっきも夜食を40グラム食べさせて、心臓の薬を飲ませようとスタンバイしたところで

「ぐえっぐえっぐえっぐえっ」
・・・・

大量リバース

言わんこっちゃない。

このままだと薬を飲ませられないんで、本日5回目の食事。

つい先日まで何も食べたがらなかったかんちゃんなんだけどね、
実はそんな中でも唯一、食べてくれるものがあったんです。
それは・・・

海苔

かんちゃん、海苔がだいっすきで。
コレだけは別腹(?)
何も食べない間は海苔で命をつないでたカンジ。
先生にも「本当は腎臓によくないけど、とにかく食べるならあげてください」と
言われていたので、数日海苔オンリーだった。
 も当然真っ黒なノリ。
そりゃもう岩ノリ的な。

ノリベンっての?

回復の兆しが現れてからはもうあげてないんだけど。
今はとにかく食欲のオニ。
かんちゃんの近況、こんなカンジです

ところでシマ家の庭に住んでるキジバトくん。
豪雪だった昨日もちゃんと帰ってきてくれた
最近毎日ちゃんと帰宅したか確認してるんだけどね、
今日もちゃんといるかな~?って2階から庭を覗いてみたら・・・


("▽"*) アヒョ

ちゃんと帰ってきてる~

し・か・も~

カノジョ(カレシ?)つれてきてるしー!!

2羽でぷくぷくに膨らんだ体を並べて一緒に寝てます

そのうち営巣が始まるかな?
うまくいけばヒナ誕生?
期待に胸膨らむなっつなのでした~

※写真が撮れなくて今日はナシよ(*^^)v




幻の猫はさびしがり

なっつです


昨年末からかんちゃん が体調を崩し、看病でかかりきりだったため
少々笑吉さん は放置気味になっていた

動物というのは飼い主さんの動向にホントに敏感である。
なかなか構ってもらえなくなった笑吉さん、
いつもに増して猛アピールが始まった(^_^;)

シマ家はネココのライフスペースは2階となっており、
なっつやシマくんが2階へ行く気配を感じ取ると、階段下までお迎えに来て
それはそれはデカイ声で甘えてきなさる。

そして足元に付きまとい離れない。

しかしながら笑吉は人見知りがvery激しいネココで、お客さんが来ると冷蔵庫の後ろに身をひそめ

私は存在しません

的高度な技術を身につけているため
その存在に気付く人は少ない。
客人の中にはその姿を見たことがないが故、
「幻の猫」とその存在自体が疑問視している人もいるかもしれん。
そもそも「笑吉」などというネココはなっつお得意の妄想にすぎないのでは?
と思ってる輩もいるかもしれない。

そんなネココだ。

今日はなっつの名誉挽回のため(?)にも「動く笑吉」をお見せしよう

「幻の猫」は実在する。
しかも、こんなに飼い主に対してあまあま野郎だということを

さあ見ておくんなまし
[広告] VPS



 どーよ。
かわいいでしょー



幸せの青い鳥

なっつです


童話に出てくる「しあわせの青い鳥」
その青い鳥のモデルって実はキジバトだって聞いたことがある


なっつんちの中庭、ちょっと前から1か所だけ鳥のフンだらけになった
庭に出て、樹を見上げてみても何もない。
掃除してもすぐにフンだらけ。

「おっかしいな~?(゚_。)?」と思いつつ数週間経過・・・

そんなある日の夕方、2階の窓からふと庭を見ると
1匹のキジバトが
110113007.jpg


どうやらシマ家の中庭にあるたった1本のシマトネリコの樹をねぐらに決めたようだ。

おかげで下のタイルはフンだらけなんだけど
動物大好きななっつはそんなことお構いなし。
キジバトウェルカムである
110113010.jpg

ところでかんちゃん・・・

昨日から自力でゴハンを食べ始めた(TwT。)
「ゴハンを食べる」という事でメキメキと回復が見られるようになり
息遣いも以前は荒い腹呼吸だったのがそれほど苦しげな呼吸でなくなり
力強く鳴き、ベッドから出る回数も増え、水もたくさん飲み、そして
6日ぶりに も出した!!
年末は、覚悟が必要なくらいの衰弱だったけど、ヤマは越えたと思う。
110113016.jpg
110113021.jpg


強心剤と利尿剤がうまく効いてくれたみたい\(*T▽T*)/
ただ、強い薬なので今後も投薬が必要なのかどうか・・・
心臓と腎臓の相反する薬の調合はとても慎重にやらなくてはいけない。
週末にまた主治医に相談してきます。

かんちゃんは本当に強いコ。
さすがに享年21歳ヒマラヤンのゴマちゃんの娘。

そしてこのブログを見て「かんちゃん頑張れ」のエールをかげながら送ってくれた方々の力。

本当にありがとう。

もちろんこれで終わったワケではないけど・・・
まだもう少し、かんちゃん頑張れそうです。


うちに来てくれた「幸せの青い鳥」
ありがとう。
ずっといてね 



経過報告

なっつです

かんちゃん の件ではご心配をおかけしております。

先日、水もご飯も全く口にしなくなったので病院へ連れていきました。
エコーで確認してもらったところ、強心剤と利尿剤が効いたようで
水も溜まっておらず、心臓の収縮も前回より良くなってました

ただ、「食べない」ということは生物全般にとって生命維持活動の危機的状況であり、
特に病中のコにとって致命的。
「食べさせる」とこを最優先にしてくださいと言われた

腎臓が悪いかんちゃんだけど、「背に腹は代えられない」とのことでとにかく
何でもいいんで食べさせないといけないらしい。

ということなんで
買いあさったわさ。
ネココごはん。

高齢用は避け、一度にたくさんは食べないんでできるだけ少量のレトルトや缶詰。
病院で購入したa/d缶も最初は食べたものの、すぐに食べなくなっちゃった。

で、結構かんちゃんに好評(今んとこね)なのが
キトンのごはん。
ペースト状だし、高カロリーだし、少量だしw

結構アグレッシブに(?)食べてくれる。

とは言っても一日30グラムにも満たないけど・・・

昨日はとうとう投薬拒否されてしまった。
ムリヤリ口をこじ開けて奥に放り込んで口を閉じる・・・ってやり方なんだけど。
放り込む寸前に

ガブッ

・・・・痛い(T_T)

噛みつく元気があるってことで前向きに考えてはいるものの。
結局昨日は投薬を断念。
今日は飲んでもらわないと

指に穴が開こうが、頑張って飲ませようと思ってます。

取り急ぎ、経過報告まで。

きゃーこんな時間!
仕事行かなきゃ~

頑張って

なっつです

年が明けて早数日・・・
実はなっつんち、年末からちょっと大変でした

30日の夜、黒猫のかんちゃんの異変に気付いた。
ゴハン食べない

まあ、理由なき反抗的なハンガーストライキはネココやワンコにはたまにあることで・・・
普段ならそんなに気にしないところなんだけど
よく観察すると元気もなく、息が荒い。
そして片付けるチッコの量がいつもより少ない。

かんちゃんは乳腺腫瘍の手術後、腎臓機能が低下して
腎臓サポートのご飯になった。

チッコに異常があるとしたらやっぱり腎臓?
もしかしたら恐れていた腎不全に?

次の日(大晦日)の朝も様子は変わらず、チッコもおそらく笑吉ののみだったんで
病院に連れて行った。
病院が年中無休でホントによかった。

で、さっそく病院で血液検査とレントゲン。

「やっぱ腎臓かなぁ・・・」とシマ君と話しながら先生に呼ばれるのを待った。

しばらくして呼ばれたので診察室の中へ。
かんちゃんは相変わらず息が荒いので酸素室に入ったまま。

かんちゃん不在のまま、
血液検査の結果を見せられた


意外にも腎不全には至っていない。
もちろん健康な腎機能の数値ではなかったけど。
前回と数値が変わっていないにも関わらず、先生の表情は暗い。

すると今度はレントゲンを見せられた。


「肺が真っ白です」


映し出された肺は、わずか3分の1程度を残し、あとは真っ白。
心臓も見ることができないくらい。

かんちゃんの肺にたくさんの水が溜まってた。
かろうじて呼吸ができるくらいまでに・・・

原因はおそらく「心臓」にあるんじゃないかとのこと。

とにかく肺に溜まった水を抜いた上でエコーで心臓を見るため半日入院に。

思ってた以上に深刻だった。

夕方になり、再び病院へ。
先生に呼ばれて行くと、抜いた水を見せてくれた。
クリアなサラサラした水が130cc!

先生の診断では、やはり「心臓」に原因があったとのこと。
もともとバレンタインハートのかんちゃんなんだけど、心臓の収縮が著しく弱く、
いつ心不全になってもおかしくない状態だそう。
心臓の薬の投与が必要なのだけど、かんちゃんは腎臓にも病気を抱えている。
心臓の薬は腎臓に負担がかかり、腎臓の薬(利尿剤)は心臓に負担がかかる。
それでも薬の投与がなければキケンらしい。

薬をもらい、帰宅した。

そのままかんちゃんは隔離ルームへ。
110108047.jpg

結局、次の日(元旦)も様子は変わらず苦しそうなんで病院に連れて行ったところ
また肺に水が・・・
90cc抜いてもらい、帰宅した。

その後は小康状態が続いてるカンジ。
でも、相変わらず食欲はない。
チッコは利尿剤が効いているので頻繁にしてるけど気をつけないと、脱水症になってしまう。
腎臓によくないとわかっていても、とにかく何でも食べるものは食べさせなければいけない。
でも、なかなか食べてくれない。

先生はハッキリ言わなかったけど
きっと、もう長くはないんだろう・・・
治ることはないみたいだから。
これ以上悪くならないようにしていくことが大切だと。

大晦日はかんちゃんのママ、ゴマちゃんの月命日だった。
時間を見つけてゴマちゃんのお寺に行き、シマ君と手を合わせて祈った。

「お願い、まだ連れて行かないで」


かんちゃん、今日も頑張ってくれてます。
祈り、通じたのかな。

110108044.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。